人間形成塾「学・伝」

商いの道は人の道。 学歴もお金もないないづくしの人間でも、先人の知恵を学んで実践すれば、幸せになる道は必ずある! 高瀬利範が学びの大切さを、これから日本を担う皆様に感謝を込めてお伝えしたい。

10/1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30./12

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

[edit]

trackback: -- | comment: --
page top

坊主訓戒す!?

先日は叔母の49日で、法要に出かけました。
骨送りも無事済ませ、直会の席で
私の隣に坊さんが座りました。

私は日頃から話したいと思っていた
日本人としてあるべき姿とその教育についての話を
この機会をとらえて話してみました。

「私たちは、先人のお陰で今の繁栄があるのですが、
今後このままで日本の繁栄があると思いますか?」

そして以下のような熱弁を僧侶にしますと、
彼は全くその通りと言ってくれました。

あなた方僧侶は、仏前で本を配り、「一緒に読んで下さい」と言いますが
この本を読みながら、意味を理解できる人はどれくらい
いると思っているのですか?

仏教の広め方、理解のさせ方に、貴方は疑問がないのでしょうか?
例えばキリスト教などでは、礼拝に家族で行きますが、
牧師はみんなが判る言葉で、意味で説教をしています。

日本の仏教との違いはここにあるのです。
日本を救うためにも、悩めし人々を救うためにも
仏教は大切な教えであることは判りますが、
伝え方・教え方に問題が有るのではないでしょうか?
余りにも難しすぎる内容で
この内容が判らない人は、本当の信者ではない、
と言わんばかりの仏教側の横柄な態度、
心地よい思いをされている方は少数ではないでしょうか?

まず最初に、僧侶の方々は大きな間違いを正すべきです。
「我々は仏の下部である!頭が高いぞ!」と言わんばかりの高圧的な態度、
本来は仏師は誰もが気楽に話しかけ、また相談をしやすい
間柄では行けないのでしょうか?

本来は誰からでも敬愛され、尊敬の的となるはずの僧侶が、
何故自ら高い位置を望むのでしょう。

そうすればするほど、葬儀と法事の儀式のみの立場から
一歩も出ない立場になっているのは、余りにも残念。

日本のためにも、仏教界で改めるべきは改めて、
正しい尊厳と正しい尊敬を共に持てる関係を作るべきではないでしょうか?

みなさんはどう考えられますか?
ではまた(^^)/


QRコード作りました。携帯に登録して頂けると嬉しいです!
   ↓
人間形成塾「学・伝」

工務店ブログバナー


にほんブログ村 経営ブログ オーナー社長へ人気ブログランキング【ブログの殿堂】

">ビジネスブログ100選


すまぽ お住まいづくりブログのポータルサイトへ人気ビジネス・経済BLOG
くる天 人気ブログランキング




パワーハウスのロゴ
パワーハウスのHPはこちら
スポンサーサイト

category: 人間学

thread: 成功をかなえる自分に向かって

janre: ビジネス

[edit]

page top

« 「信念」持ってますか?  |  日本人総3歳児現象 »

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://hanaurara.blog123.fc2.com/tb.php/546-0e53c604
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。