人間形成塾「学・伝」

商いの道は人の道。 学歴もお金もないないづくしの人間でも、先人の知恵を学んで実践すれば、幸せになる道は必ずある! 高瀬利範が学びの大切さを、これから日本を担う皆様に感謝を込めてお伝えしたい。

10/1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30./12

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

[edit]

trackback: -- | comment: --
page top

気づくと言うこと

「自分なりの人生観をもっているか」 松下幸之助

私は昔、この詩と出会いました。
しかしその頃の私は、人生観なんて考えたこともありませんでした。

人間として未成熟な私でした。
この詩の意味を理解できたのは、二十歳の頃でした。
それも二十歳の後半です。

とにかく私は成熟が遅すぎたと自覚しています。

二十歳でようやく無学な自分を知り、
何の力もない自分の姿に愕然とする程度の私でした。

しかし自分で気づいた訳ではなく、多くの人からの忠告や、
叱咤でようやく気づいた程度の私でした。

その頃の私はジャズバンドのトロンボーン奏者として、
ライブハウスに出ていました。

リーダーがお客に迎合をしている姿に反発したり、
弱腰のリーダーの姿を軽蔑したり…

とにかく他人を非難するばかりの自分でした。
人を非難すればするほど非難される自分がいましたが、
多くの方からの忠告や叱咤で少しずつ気付き、
同じバンドのドラマーである「まーちゃん(親友)」
のアドバイスが私を変えさせてくれました。

私の一番短所は、人間関係の下手さにありました。

音楽家の殆どは、繊細な感性を持っていましたが、
私も並以上の感性を持っていたらしく、
人の心を先読みしすぎるきらいがありました。

そのため、お高く止まっているとか、気位が高すぎるとか、
自分の思いとは違う評価をよく受けました。

無学無知識な私です。
どうすればよいのか解りませんでした。

先輩から本を読めと言うアドバイスをもらい、
最初に解らないまま、山岡荘八著の「徳川家康 24巻」を
初めて読むこととなりました。

一頁を読むのに一週間もかかり、余りにも難しくて
めげそうになりましたが、次第に理解が出来るようになり
スピードも上がりました。

全巻読み終わるのに一年も掛かりましたが、
何となく達成感もありました。

その次には…
続きはまた(^^)/~


QRコード作りました。携帯に登録して頂けると嬉しいです!
   ↓
人間形成塾「学・伝」

工務店ブログバナー


にほんブログ村 経営ブログ オーナー社長へ人気ブログランキング【ブログの殿堂】

">ビジネスブログ100選


すまぽ お住まいづくりブログのポータルサイトへ人気ビジネス・経済BLOG
くる天 人気ブログランキング




パワーハウスのロゴ
パワーハウスのHPはこちら
スポンサーサイト

category: 人間学

thread: 成功をかなえる自分に向かって

janre: ビジネス

[edit]

page top

« スッポン人生  |  感覚野を使いこなす »

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://hanaurara.blog123.fc2.com/tb.php/501-dda2a837
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。