人間形成塾「学・伝」

商いの道は人の道。 学歴もお金もないないづくしの人間でも、先人の知恵を学んで実践すれば、幸せになる道は必ずある! 高瀬利範が学びの大切さを、これから日本を担う皆様に感謝を込めてお伝えしたい。

10/1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30./12

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

[edit]

trackback: -- | comment: --
page top

「加減」を探り当てる!

ヤマハのコンクールで日本一になった私達のバンドは
TBSで録画をすることになりました。

その折のことです。
左上の方から、「ファーストトロンボーン、
何小節目のFの音が低すぎる。」と声が降ってきました。
私は顔の解らないその声が誰なのか困っていると、
TBSのディレクターが「今の方は前田のりをさんです」
と教えてくれました。

我々全員まさかの気持ちで、その内に感動が体全体に走りました。
俺の音を前田さんが指摘をしていた。
一曲の中のたった一音を見逃さない加減、感覚、絶対音の素晴らしさ。
この喜びは(いやこの教訓は)私の宝とする事を決めました。

「一音を軽んずるな」どんな小さな部分でも加減を軽んずるな、
どの様なときでも、私はこの教訓を忘れたことはありません。

話は変わりますが、カラオケなどで歌を歌いますが、
リズム感の悪い人と、音程の悪い人がいたとしたら
どちらの方がうまいとまでは思わないとしても、
受け入れることが出来るでしょうか?
考えてみて下さい。

正解は、音程が悪くても、リズム感の良い方が
不快感がすくないのです。

人間はどの様なときでも、眠るとき以外は動きます。
その動き方が問題なのです。

自分のリズムを見つけましょう。
音楽も大きく自然を感じるスピードは、
40~60位/分ですが、気持ちが高揚するスピードは
毎分120~180くらいと言われています。

貴方らしさを表現するには、どのくらいのスピードが
程良い加減なのでしょう。

ちなみに行進曲(マーチ)は一分間に120です。

人間関係での(加減)は一番難しい物です。
加減の難しい点は目盛りがないと言うことでしょう。

料理の場合レシピがあります。
その通りにすれば良いですが、
プロはレシピは使いません。

我々人間は生きるプロです。
「加減」を高度に!


QRコード作りました。携帯に登録して頂けると嬉しいです!
   ↓
人間形成塾「学・伝」

工務店ブログバナー


にほんブログ村 経営ブログ オーナー社長へ人気ブログランキング【ブログの殿堂】

">ビジネスブログ100選


すまぽ お住まいづくりブログのポータルサイトへ人気ビジネス・経済BLOG
くる天 人気ブログランキング




パワーハウスのロゴ
パワーハウスのHPはこちら
スポンサーサイト

category: 人間学

thread: 成功をかなえる自分に向かって

janre: ビジネス

[edit]

page top

« 加減には感覚が必要  |  「加減」をいい加減に扱うな! »

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://hanaurara.blog123.fc2.com/tb.php/498-c2154a97
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。