人間形成塾「学・伝」

商いの道は人の道。 学歴もお金もないないづくしの人間でも、先人の知恵を学んで実践すれば、幸せになる道は必ずある! 高瀬利範が学びの大切さを、これから日本を担う皆様に感謝を込めてお伝えしたい。

08/1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30./10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

[edit]

trackback: -- | comment: --
page top

選手と監督は企業も同じ

残念ながら今回のバンクーバー五輪では
日本に金メダルはありませんでしたが、
それでも幾つものドラマがあり、私も大変勉強になりました。

凄い選手の裏には、凄い監督やコーチがいて
さらにその人達を支える、凄いスタッフがいます。

とかく選手が注目されがちですが、
昨日は、そうではないというお話しを致しました。

これは企業も同じです。

現実に私の考えは、世界のいずこでも
やっている当たり前の論理です。

大切なのは、誰がチャンピオンになるのかではなく、
貴方は誰をチャンピオンにするつもりか?と言う問題なのです。

そこで初めてチャンピオンになりたいと言う人と、
チャンピオンにしたいという人の話し合いが不可欠なのです。

双方の意見が一致すれば、目的は同じです。

乗り越えるために両者で話し合いながら、
目的達成のためにも二人三脚で頑張るしか有りません。

人間は一人で歩む力は弱いものですが、
二人で戦う力ですと、自分だけの判断ではなく、
もう一人の意見がありますので、
我が儘が押さえられます。

今回もオリンピックのメダルを狙う実力者は、
総てNO1のコーチを求めます。

NO1のコーチとは、選手時代にNO1の選手を言います。
NO1のコーチから指導を受けたいと想う気持ちは、
私にも分かります。

ただNO1のコーチであっても
相性が合わなければお互いに不幸です。

スポーツ界では、ほぼ100%
この様な方法でやっていますが、
ビジネス界でもこの様な方法をとり入れた方が良いのではと思います。

ベテランと新人がコンビを組んで仕事を学ぶのは、
合理的な方法ではないですか?

ビジネス界では、実力のある人は昇進はしますが、
その前にコーチの仕事をこなした後で、
その上の立場で、リーダーをやるべきではないでしょうか。

ではまた(^^)/~



QRコード作りました。携帯に登録して頂けると嬉しいです!
   ↓
人間形成塾「学・伝」

工務店ブログバナー


にほんブログ村 経営ブログ オーナー社長へ人気ブログランキング【ブログの殿堂】

">ビジネスブログ100選


すまぽ お住まいづくりブログのポータルサイトへ人気ビジネス・経済BLOG
くる天 人気ブログランキング




パワーハウスのロゴ
パワーハウスのHPはこちら
スポンサーサイト

category: 人間学

thread: 成功をかなえる自分に向かって

janre: ビジネス

[edit]

page top

« 人口 対 メダルの数  |  戦う人と、戦えるようにする人 »

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://hanaurara.blog123.fc2.com/tb.php/484-ba1d9c9b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。