人間形成塾「学・伝」

商いの道は人の道。 学歴もお金もないないづくしの人間でも、先人の知恵を学んで実践すれば、幸せになる道は必ずある! 高瀬利範が学びの大切さを、これから日本を担う皆様に感謝を込めてお伝えしたい。

10/1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30./12

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

[edit]

trackback: -- | comment: --
page top

3本の矢

昨日は、組織再生に一番必要な事について
お話し致しましたが、その続きを…

皆さんは毛利元就が我が子に話して聞かせた「3本の矢」の
お話しをご存じですか?

中四国の大大名である毛利元就は、
3人の子供達に対して、一本の矢を渡して、
この矢を折って見よと言いました。

一人の子供は、その矢を受け取り、
気合いと共に簡単に折ることが出来ました。

元就はすかさず、3本の矢を渡して、
「折って見よ」と言いました。

子供の一人が力を込めて折ろうとしますが、折れません。
3人とも折ろうとしますが、折ることは出来ませんでした。

父親である元就は、言いました。
「一本は簡単に折れたが、3本になると折れなかっただろう。
お前達兄弟はいつも3本の矢のように、
心身共に一体となることを忘れるでない。
さすれば、一本では簡単に折れる矢も、
3本になると折れないであろう。」

その後、子供達は父親の教訓を忘れないで
励んだと歴史は教えています。

この教訓は昔も今も同じではないでしょうか。
「3人寄れば文殊の知恵」という諺もあります。

この意味は、「3人寄れば文殊菩薩のような
素晴らしい知恵が浮かぶであろう」と言う意味です。

何かを成し遂げるとき、各自バラバラの考えで
バラバラの行動では、成し遂げることは困難でしょう。

良い組織と悪い組織の違いは、
まとまるかバラバラかの違いではないでしょうか?

我の強い人もいれば、内向的な人もいますが、
纏まることに全勢力を傾ければ
ならぬ事もなし得ることとなるのでは。

とにかく纏まってやってみましょう。
それが組織という物です。

信じ合う力こそ、貴方の、私の力ではないでしょうか。

さあ、纏まって行こうではないですか!
不況なんかに負ける物か!

では(^^)/~


QRコード作りました。携帯に登録して頂けると嬉しいです!
   ↓
人間形成塾「学・伝」

工務店ブログバナー


にほんブログ村 経営ブログ オーナー社長へ人気ブログランキング【ブログの殿堂】

">ビジネスブログ100選


すまぽ お住まいづくりブログのポータルサイトへ人気ビジネス・経済BLOG
くる天 人気ブログランキング




パワーハウスのロゴ
パワーハウスのHPはこちら
スポンサーサイト

category: 人間学

thread: 成功をかなえる自分に向かって

janre: ビジネス

[edit]

page top

« 民主党よ!気が狂ったか?  |  組織再生のキーワード »

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://hanaurara.blog123.fc2.com/tb.php/480-8e6289ac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。